発達障害特徴を正しく理解する。

スポンサードリンク


発達障害の特徴に 感情表現の遅れなど

発達障害の特徴としては、一般の子供に比べて話し方や身体の動きそして感情の表現などが非常に遅い状態が表れたり続いたりすることがあげられます。わが子がほかの同時代の子供たちと比較して、そのようなことを両親として感じた場合には発達障害を思うのはとうぜんのことです。

 

発達障害の特徴がみられたときに、そのまま放置しておくといわゆる登校拒否症あるいは自閉症となって、外出を強く嫌がって友達も無くなっていきます。テレビを見る眼もうつろな状態になり、果ては寝てばかりになってきますし、発達障害の特徴としての食欲不振や睡眠不足にまで陥ってしまうものです。

 

発達障害は、先天性の場合もありますし、乳児期から幼児期さらには幼稚園に入るころまでの何らかのことが原因による影響も心身ともでの発達障害の特徴にむすびつくことです。つまり知的障害や自閉症が身についてしまったという発達障害の特徴が決定的になり、また明らかになります。

 

行政機関では、とくに知的な障害をもっていなくても軽度の発達障害を指すことにしているなど、発達障害をもつ子供の遅滞やユガミには改善そして完治の余地があるという位置付けをしていること自体にも、発達障害の特徴をも含めているようになっています。