発達障害症状を正しく理解する。

スポンサードリンク



発達障害症状に言葉の数が少ない。

発達障害の症状としては、いわゆる登校拒否の状態から自閉症などの知的な障害、および身体の動作に異状がみられたり緩慢さがあったりすることもあげられます。さらには言語障害といわれる言葉が不明瞭であるうえに、知的にみて言葉の数が少ないことが数ヶ月以上続くことなども含まれることも発達障害症状としてあげられます。

 

発達障害は精神面による原因、あるいはまったくの肉体的な原因におおまかには分類されていますが、これらの両者が複雑にからみあったような発達障害の症状も多くみられます。乳幼児から幼児期あるいは小学校の低学年からいわゆる思春期にかけては、食事を普通に食べることができない、つまりに身体的には箸や茶碗が両手で持つことができなかったり、食べ物を口へ運べなかったりすることもあります。

 

発達障害症状のひとつに食事の拒否となって食欲不振となる悪循環を繰り返すことも上げられます。さらにある程度の年齢でも用便が一人でまったくできないことも含まれます。とうぜんながら、発達障害の症状としてさらに友だちや両親あるいは兄弟の知人に会うことを強く拒否していわゆる強い"人見知り"をしてしまい、完全な自閉症にまで陥ってしまうことも含まれます。

 

両親や家族にとっては、"うちの小はよその小に比べて、発育が遅い"などと思って過ごしているうちに、ある日の動作や言葉さらには態度によって、初めて発達障害の症状として認識することが多々あるものです。市民なんでも相談センターや、ネットサーフインでもよく調べておきましょう。