広汎性発達障害を正しく理解する。

スポンサードリンク



広汎性発達障害とは?

広汎性発達障害というのは一般的には子供に多い障害であって、その対象となる中心が人であって、人に対しての行動や会話つまり意思疎通が普通にできないことに起因する障害のことをいいます。そこには現代の日本でのとても複雑な社会環境による大人自体のストレスが、子供へ影響していることも広汎性発達障害のひとつになっているという指摘さえもあります。

 

広汎性発達障害の特徴は、身体的な原因よりも精神的や神経的な要素によることが多いことがあげられています。そのまま成長していった人が改善されることももちろんありますが、後遺症的に引きずっていく人もあることですし、この広汎性とは特異性に対する一般的な考え方の表現ともなされています。

 

そしてアメリカの精神医学会あるいは世界保健機関での広汎性発達障害とは、それら海外におけるたんなる分類上の考え方なのです。日本での広汎性発達障害と比べると、むしろ日本での発達障害の意味の方が狭いとみることが適当とされています。

 

さらに通常に発達していなくても、日常の生活や仕事などで一般の人ととくに大差が無くて、非常に苦しいことが無いようであれば、障害の対象外とみなされるのが実状といわれています。したがって広汎性発達障害という用語自体には、国際的そして時代的に異なった広い定義があるとされているのが、とくに日本で認識された現状となっています。